WordPress

【細かい知識不要】DockerでWordPressのローカル環境を爆速で構築する方法

Dockerを使ってWordPressのローカル環境を爆速で構築する方法を紹介します。

今回紹介する方法は、Dockerの知識は不要です。

Dockerのインストール

Dockerの公式サイトからソフトをダウンロードして、インストールをします。

https://www.docker.com/get-started

Docker(ドッカー)とは、「仮想環境の構築ツール」です。
このDockerを使った環境構築は、これからのデファクトスタンダード(事実上の標準)となりつつあります。
仮想環境といえば「VirtualBox(Vagrant)」なども有名ですが、構築の仕組みがまったく違い、Dockerを使うことで、より素早く簡単に仮想環境を構築できるようになります。

引用元:https://kitsune.blog/docker-install

Dockerがインストールされたかを確認

ターミナル(コマンドプロンプト)を使います。エンジニアがよく使う黒い画面です。

Macの場合、以下のように「ターミナル」アプリを開きます。

Windowsの方は「コマンドプロンプト」を起動します。

以下記事を参考に起動してください。

https://www.javadrive.jp/command/ini/index1.html

 

起動したら、以下のように入力できる状態だと思います。(細かい見た目はPCによって変わります)

docker -v

↑を入力したらエンターキーをクリックして実行します。

 

Docker version 20.10.6, build xxx

↑のようにDockerのバージョンが表示されたら無事インストールされています。

もし、エラーのような文言が表示されたらインストールがうまくいっていない可能性があります。

ダウンロードやインストールを最初からやり直してみてください。

Dockerを起動

インストールが完了したら、Dockerを起動してください。

Macの場合、メニューバーにこのようにDockerのアイコンが表示されていれば起動されています。

設定ファイル(docker-compose.yml)を作成

WordPressをインストールしたいディレクトリに、docker-compose.ymlファイルを作成します。

ファイルの中身は以下のようにします。

 

# 12行目 - "8081:80" の 8081 を都度変える
# 28行目 - "4306:3306" の 4306 を都度変える

version: '3.3'

services:
  wordpress:
    image: wordpress:latest
    container_name: wp_○○○○○
    depends_on:
      - db
    ports:
      - "8081:80"
    #docker起動時にコンテナも立ち上げるならコメントアウトを解除する
    #restart: always
    environment:
      WORDPRESS_DB_HOST: db:3306
      WORDPRESS_DB_USER: wordpress
      WORDPRESS_DB_PASSWORD: wordpress
      WORDPRESS_DB_NAME: wordpress
    volumes:
      - ./:/var/www/html

  db:
    image: mariadb
    container_name: wp_○○○○○_mysql
    ports:
      - "4306:3306"
    volumes:
      - db_data:/var/lib/mysql
    #restart: always
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: root
      MYSQL_DATABASE: wordpress
      MYSQL_USER: wordpress
      MYSQL_PASSWORD: wordpress

volumes:
    db_data:

 

何箇所かコードを編集します。

  • wp_○○○の部分を任意の名前に変える(2箇所)
  • 12行目の8081:808081を任意のポート番号に変える
    (MAMPなどでポート番号8081を使っている場合は違う番号にします)
  • 28行目の4306:804306を任意のポート番号に変える
    (MAMPなどでポート番号4306を使っている場合は違う番号にします)

ポート番号は重複してはいけないので、もし複数のWordPressの環境を構築する場合、それぞれ違うポート番号にします。

 

コードを編集する作業は以上です。

ターミナル(コマンドプロンプト)でWordPressをインストールする

先程作成したdocker-compose.ymlをもとに、WordPressをインストールします。

まず、作業ディレクトリのフルパスをコピーします。

wp
└ docker-compose.yml

上記のようなディレクトリ構成の場合、wpディレクトリのフルパスをコピーします。

Macの場合、「Finderのフォルダの上で右クリック→Optionキーを長押し」すればフルパスをコピーできます。

参考:https://www.too.com/support/faq/mac/finder_os/24480.html

 

フルパスをコピーしたら、ターミナル(コマンドプロンプト)で以下を順番に実行します。

cd フルパス

docker-compose up

実行後、WordPressのインストールが始まります。

インストール中は様々なメッセージが表示されます。画面内のメッセージが動かなくなり、以下のような表示がされたらインストールは完了です。(メッセージは人によって多少変わります)

ターミナル(コマンドプロンプト)は終了して大丈夫です。

WordPressにアクセスする(コンテナを起動)

Macの場合、メニューバーのDockerアイコンをクリック→Dashboardをクリックします。

 

以下のような画面が表示されます。

「Open in Visual Studio Code」の右にある「▶」のSTARTボタンをクリックします。(コンテナの起動をします)

以下のように、左のアイコンが緑に切り替わればOKです。

初期構築時には、最初から緑色になっているはずです。

 

これでようやくサイト上でWordPressにアクセスできます。

以下URLにアクセスします。(8081の部分は、docker-compose.ymlの12行目で指定したポート番号になります)

http://localhost:8081/

 

このように表示されれば成功です。

 

ローカル環境の構築作業は以上です。

 

PCを再起動して、再度WordPressにアクセスしたい場合

環境構築以降にPCを再起動したら、Dockerも当然終了します。

再度WordPressにアクセスしたい場合は、Dockerを起動してダッシュボードからコンテナの起動をします。

その後、同じURLでアクセスできます。

まとめ

Dockerについて全く詳しくなくても、この記事を参考にすればWordPressの環境を簡単に構築できます。

複数の環境もDockerのダッシュボードから管理できるので、是非試してみてください。