Webデザイン
 | 

【2020年度版】無料で使える写真・アイコン・ベクター・テクスチャの配布サイトまとめ

昨今、写真やアイコン、ベクター系のイラストやテクスチャなど様々な素材を無料でダウンロード出来るサイトはたくさん存在します。

今回は、Webデザイナーである著者の私が普段使っている、無料で素材をダウンロード出来るサイトを紹介します。

どれもクオリティの高い素晴らしい素材を扱っています。

無料でダウンロード出来るサイトを紹介する系の記事をこれまでたくさん読みましたが、本記事に掲載したサイトは「他ではあまり紹介されていないサイト」も含まれるので、ぜひご一読下さい!

注意事項
今回紹介するサイトに限らず、素材配布系のサイトを利用する際はライセンス規約をしっかりと確認しましょう。

 

 

写真

pixabay

https://pixabay.com/ja/

私が写真を探す時は、まずこのサイトを使います。

風景などの自然系、パソコンやオフィスなどのビジネス系がたくさんある印象のサイトです。

日本語で検索してあまりヒットしない時は、英語で検索すると結果が変わる時があります。

freephotos.cc

インスタント フォト サーチ

https://freephotos.cc/ja

先程のpixabayで良い写真が見つからなかったらこちらのインスタントフォトサーチで探してみる。という使い方を私はしています。

インスタントフォトサーチのほうが若干クセが強い印象です。

写真AC(photoAC)

https://www.photo-ac.com/

「日本人の写真」を探す時は、写真ACをまず使います。

アカウント登録をしないとダウンロード出来ない点以外は完璧なサイトだと思います。

O-DAN

https://o-dan.net/ja/

複数サイトを横断して一括で検索出来るサイトです。

検索結果が多いので、ハッキリとした写真のイメージが決まっていない時にはこちらのサイトを使ってみると良いでしょう。

アイコン

Iconfinder

https://www.iconfinder.com/

アイコンを探すなら「Iconfinder」一択です。

「Iconfinder」を紹介するためにこの記事を書いたといっても過言ではないです。

アイコンのクオリティは申し分なく、検索結果も多数、SVGでもダウンロード可能、何よりアイコンの種類(塗り、線、イラスト風など)を条件指定して検索出来るのがとても便利です。

ぜひ一度使ってみて下さい。

※検索は英語でして下さい

ICOOON MONO

https://icooon-mono.com/

丸みを帯びたポップ系のアイコンを探すなら「ICOOON MONO」でしょう。

アイコンの数がとても多いのも魅力的な点です。

Material Design

https://material.io/resources/icons/

Googleが提唱するマテリアルデザインに基づいたアイコンをダウンロード出来るサイトです。

このサイトのアイコンは、Google系のサービスで使われているアイコンと同じなので、親しみやすいテイストのサイトを作ることが出来ると思います。

また、「Font Awesome」と同様にWeb上でアイコンを表示させることも出来ます。

ベクター系イラスト

unDraw

https://undraw.co/illustrations

ベクター系のイラストといえば「unDraw」です。

イマドキ風のイラストをSVG形式などでダウンロード出来ます。

また、イラストのメインカラーをサイト上で自由に指定することが出来て、それに応じてイラストの色が変わります。

もちろん、メインカラーを変えたら、色が変わった状態のイラストをダウンロード出来ます。

Isometric

https://isometric.online/

先程の「unDraw」と同様に、イマドキ風のイラストをダウンロード出来ます。

こちらのほうがイラストの数は少ないですが、その分しっかりと作り込まれたイラストをダウンロード出来ます。

また、「unDraw」のイラストより色数が多いので、この2つを組み合わせてイラストを作るのも良いでしょう。

背景・テクスチャ系

こちらで紹介するサイトはブックマーク必須のサイトです!

BEIZ images

https://www.beiz.jp/

サイトの背景に紙の雰囲気を出したい時、バナーの背景にアクセントをつけたい時など、あらゆる場面でこちらのサイトを利用しています。

「BEIZ images」の一番の特徴はカテゴリー数の豊富さだと思います。

  • 空、川、木などの自然系
  • 石、金属、木目
  • 紙、和紙、布
  • 水、光

などなど、様々なジャンルの背景素材があります。

TRANSPARENT TEXTURES

https://www.transparenttextures.com/

テクスチャをサイト上で作成出来るサイトです。

テクスチャを作成出来る系のサイトは数多くあると思いますが、その中でも「TRANSPARENT TEXTURES」は群を抜いて使いやすいです。

「色」と「パターン」を自由にカスタマイズ出来ます。

テクスチャを作成するなら「TRANSPARENT TEXTURES」一択と断言出来ますので、ぜひ使ってみて下さい。

まとめ

私が普段使う素材配布系のサイトは以上になります。

今回紹介したサイトをブックマークしておけば、まずWeb制作で困ることはないと思います。

繰り返しになりますが、今回紹介したサイトに限らず、素材配布系のサイトを利用する際はライセンス規約をしっかりと確認しましょう。